現代人の抱えるディスクワークによるストレス


現代人の抱えるストレスはディスクワークが原因となるものが多く、ディスクワークで行う様々な行動がストレスなり、身体に悪影響を及ぼします。
タイプは大きく分けて外的要因と、内的要因に分かれます。 外的要因は肉体的な疲労となって現れ、内的要因は精神的な疲労となって現れ、これらは現代人特有のものと言えます。
外的要因としては、座った姿勢で長時間仕事をする事による肩や腰などの疲労が挙げられます。

これらは同じ姿勢で動かさない事が原因であり、筋肉の緊張や血行の悪化からくる肩こり、腰痛、冷えなどの症状が出ます。
そのまま我慢していると更に症状は悪化しますので、日頃から対策をしておく必要があります。
ディスクワークの合間にこまめに立ち上がったり、自分でストレッチやマッサージを行うなどすると筋肉がほぐれ、血行が良くなるので症状が改善します。
他にも現代ではディスクワークでパソコンなどの電子端末を使用する機会が飛躍的に増え、職業によっては一日中パソコンの画面を見ている事もあります。
そういった状態が続くと目の疲れや、ドライアイなどの症状が出て、さらには視力低下などにも繋がりますので目の水分の補給や、休憩時間に目を瞑るだけでも症状はだいぶ和らぎます。

ビタミンやカルシウムなどを含んだ食品をしっかり摂る事も目の健康維持には必要です。
内的要因はディスクワークで起こる人間関係のトラブルが原因となる事が多いです。
人付き合いが上手く行かない、思ったような成績を残せない、業務が多すぎていつまで経っても終わらないなど、あらゆるプレッシャーが積み重なっていく事により症状が引き起こされます。

そのままにしておくと鬱などの精神疾患や内臓にもダメージを与えてしまうので、早期に解消しなければなりません。
休日のリフレッシュや頭を整理するためにメモを取る習慣をつける、十分な休養をとって心を休ませるなどを普段から心掛けておくとストレスの軽減に役立ちます。
症状がひどい場合は無理をせず、カウンセリングや医師の診断を受ける事も必要となってきます。